順送プレスのMIYUKI


三幸製作所は板金プレス加工により自動車部品を製造している会社です。当社は低コストで生産性に優れた順送プレスにこだわりを持って挑戦し続けてきた歴史があり、近年では980MPa級の高張力を持つ複雑な形状の製品を12000kNの大型順送プレス機で量産をしています。このようなプレスメーカーは国内でも多くはありません。(順送プレスで生産が困難な製品に対応するため、ロボット搬送のプレスラインもあります)当社は縁の下の力持ちとして、目立たない場所から自動車の性能を支えています。

 

※当社最大の12000kN 順送プレス(AIDA製)

プレス機の左側からコイル状に巻かれている材料が 真っ直ぐに矯正されながら、プレス機に自動で送り込まれます。材料はプレス機内に設置された金型によって少しずつプレスされながら進み、最終的にプレス機の右側から製品の姿となって自動排出されます。

一貫生産のMIYUKI


三幸製作所はプレス加工だけではありません。プレス、溶接、塗装、部組、と自社の中で自動車部品としての生産工程を完結して製品を出荷することができます。協力会社に生産を依頼することもありますが、極力、自社で一貫生産することで品質・生産性・コストの管理を徹底しています。

エンジニアリングのMIYUKI


近年では常識となった3次元CADと成形解析シミュレーションを利用して、量産前に問題点を潰しこみます。当社ではそれに留まらず、引張り試験機、加振試験機、ねじり試験機、塩水噴霧試験機、3次元測定機等の設備を有しており、製品設計レベルからお客様に様々な提案が可能な体制が整っています。また、金型の修理や製作も社内で行っており、金型加工には不可欠なマシニングセンタやW-EDMも稼働しています。

成形解析シミュレーション

引張り試験機

加振試験機

ねじり試験機


塩水噴霧試験機

3次元測定機

マシニングセンタ

W-EDM


やりがいのある職場!正社員募集中!


MIYUKIの社員はそれぞれが目標を持って前向きに仕事に取り組んでいます。現状を維持するのではなく、よりよい状態を目指して常に職場の改善を行っています。現在、正社員を募集していますので採用情報をぜひご確認ください。正社員になれば新車のリース車が毎年貸与されます!

MIYUKIの海外工場


2006年4月1日、MIYUKIはインドネシアに進出しました。2007年12月29日 より現地で生産を開始し、グローバル企業へと発展しています。日本ではインドネシア実習生を毎年受け入れているため、日本の工場においてもインドネシア人が意欲的に学び、働く姿を見ることができます。

新着情報


当社における新型コロナウイルス感染者の発生について

 

このたび、本社(静岡県浜松市南区)に勤務する従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。

当該従業員には感染の症状はありませんが、近親者の発症により12月30日にPCR検査を実施し、令和3年の1月1日に陽性であることが確認されました。

当社内に濃厚接触者はおりませんが、当該従業員の職場では消毒の実施と健康観察を行っております。

地域住民の皆さまをはじめ、多くの方にご心配をお掛けしますことを、心よりお詫び申し上げます。

当社は、今後も地域住民の皆さま、関係者、および従業員の健康と安全を最優先に考え、行政の方針や行動計画に基づき、社内外への感染予防・感染拡大防止に取り組んでまいります。

 

2021年1月7日

株式会社 三幸製作所 

中島廣幸会長の退任式

2020年12月1日(火)、48年間にわたって三幸制作所で勤務された中島廣幸会長が退任することになりました。11月30日をもって会長を退任し、本日からは非常勤相談役として、会社を側面からバックアップしてもらうことになります。会社には週に1、2度の不定期出社となります。社員の皆さんとは 苦楽を共にし、また大変お世話になりました。本来であれば 社員全員の前で挨拶をしたいところですが、コロナ感染予防のこともあるため間接部門のみでの退任挨拶としました。中島廣幸会長、お疲れ様でした。


新入社員 入社式

2020年4月1日(水)に新入社員の入社式を行いました。

今年は3名が入社。新型コロナウィルスで世界中が自粛ムードの中、部屋の換気をしっかりと行い全員マスク着用での入社式となりました。弊社のゆるキャラである昇龍ちゃんも登場。ツッコミどころ満載のその姿に、その場にいた全員から笑い声が漏れました。新型コロナウィルスに負けずに厳しく楽しく、元気に社会人生活をスタートしてもらいたいと思います。


防災訓練

2019年10月25日(金)に防災訓練を行いました。

例年は工場の外に避難するのですが今年はあいにくの雨天。出荷場通路に避難することになりました。狭い場所であるため避難時間が通常よりも長くなることが予想されましたが、混乱もせず例年通りのスピードで人数集計と名簿確認を完了できました。防災訓練では発電機の動作確認や油・塗料の流出訓練も行い、緊急事態に備えています。


体力測定

2019年4月28日(日)、体力維持と健康増進を目的に体力測定を実施しました。

今回初の開催イベントながら参加率は80%超え。若い方は有り余る体力をこのイベントにぶつけ、一方で若くない方は日ごろの運動不足解消の位置づけで参加し、大いに盛り上がったイベントとなりました。体力測定後はランチ会&温泉。その後は親睦を兼ねた表彰式と飲み会となり従業員同士の交流を深めながらの楽しい一日となりました。